<< 森の手づくりいちば  | main | iro mosaic シリーズ >>

pressedflowers&leaves

押し花をインストラクターを目指して習い始めました。

始めてから数か月。経つのは、早い。

といってもまだ月1ペースですから

回数としては大したことないわけです。



最初は子供のころにやったよね〜くらいの

花押すだけでしょ〜くらいの知識しかありませんでした。

近所の知り合いの方が先生をされていて

ときどき教室の展示会を拝見

今までの押し花に対する印象のままの作品もあるけれど

絵画のようなすごい作品もありました。

数回通って先生の話を聞いているうち

インストラクターとしての魅力や風景画などやってみたいなぁと

軽い気持ちで始めてみました。



このわずかな回数の中に押し花の奥深さと広がりに感動しつつあります。

植物の名前とくに園芸品種にこだわらす花材が必要になるため

知らない名前が先生や生徒さんの会話からどんどん飛び交っています。



押すには分解することもあったりしていままで見えなかった植物の姿を観察できたり

じっくりと植物に向き合える時間になったり

色彩、構図、景色、クラフト面やDIYなどなどいままで

曲がりなりにもいろいろやってきた自分のものづくりをさらに掘り下げ

探求し集約、活かしてもいけるのではないかと思えるほど

「押し花」の世界は深い

ということに気づき始めている今です。



時期をみて回数を増やしていきたいと思いますが

始めに突っ走るとそれはそれで息が切れてしまいそうなので

じっくり基礎を取り組んでいきたいと思います。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて先日

ビオラ、アリッサムの切り戻しもかねて

いつもなら花瓶に入れますが

それもほんの数日の楽しみ

今回からはながく楽しめる押し花にしてみました





フウセンカズラのツルや小花もかわいらしく

その姿をまるまる残せるのが楽しいです



フウセン部分を押すために青いうちにタネをだしてみると

タネも青や茶、黒と出てきました

まだ青いタネにもハートがしっかり入っているんですね。


これは葉っぱや花を使った教会です

次回クリスマスの作品作りに使うパーツになります。



そう!この建物を作りたかったんですよね〜

これからいろいろ作れるのでワクワクします。

これに使った花材はカラムシソウの葉、ノウゼンカズラの葉、ビオラ、バラ

どの部分を使うかによって色の出方で影や明かりを表現できるんですね。

ではこんな調子でチョコチョコアップできたらと思います。
green&flowers | comments(0) | -
 
Comment